税制上の優遇措置

公益財団法人せんだい男女共同参画財団



税制上の優遇措置
 

【寄附金に関する税法上の優遇措置について】

当財団への寄附金には、次の税法上の優遇措置が受けられます。

●個人の場合

1.所得税  「寄附金控除」が受けられます。

「寄附金控除」=寄附金額(上限:総所得金額の40%)−2,000円

(例)年間所得が500万円で、1万円寄附した場合
「寄附金控除」=10,000円−2,000円=8,000円
年間所得500万円に対して所得税を計算するところを、500万円から8,000円を差し引いた金額(4,992,000円)で所得税が計算されますので、その分所得税が少なくなります。
※所得税の控除を受けるためには、確定申告が必要です。なお、財団が発行する「寄附金受領証明書」(領収書)の添付が必要となります。
2.住民税  「税額控除」が受けられます。
(1)県民税(宮城県にお住まいの方*
「税額控除」=〔寄附金額(上限:総所得の30%)−2,000円〕×4%
(例)年間所得が500万円で、1万円寄附した場合
「税額控除」=(10,000円−2,000円)×4%=320円
翌年の個人県民税が320円少なくなります。
(2)市民税(仙台市にお住まいの方*
「税額控除」=〔寄附金額(上限:総所得の30%)−2,000円〕×6%
(例)年間所得が500万円で、1万円寄附した場合
「税額控除」=(10,000円−2,000円)×6%=480円
翌年の個人市民税が480円少なくなります。
※住民税の税額控除を受けるためには、確定申告または、各自治体の税務担当窓口での申告が必要です。なお、財団が発行する「寄附金受領証明書」(領収書)の添付が必要となります。
※上記以外の地域にお住まいの方の税額控除の有無については、お住まいの都道府県税事務所及び各市区町村の担当窓口までお問い合わせください。
*お住まいの方とは「寄附の翌年の1月1日の住所地が当該地域である方」のことです。

●法人の場合

損金算入限度額に相当する金額まで損金に算入することができます。
(一般の寄附金とは別枠)

「損金算入限度額」=(所得金額×5%+資本金等の額×0.25%)×1/2

※詳しくは申告先の税務署へお問い合わせください。

ご寄附のお願いへ戻る


HOME