調査・研究

財団法人せんだい男女共同参画財団




仕事と家庭の両立に関する事例調査(平成17年度)

この調査は、仕事と家庭の両立に関し、仙台の企業がどのような取り組みを行い、またその企業で働く女性が、実際に仕事と家庭をどのように両立し、どのような問題を抱いているか、企業と従業員の実態や意識を明らかにするために行いました。

■調査内容

仙台市内の企業35社を、公募により選ばれた市民調査員が訪問し、人事(もしくは総務)担当者とその企業で働く女性従業員(25〜39歳の子どもをもつ女性、非正社員を含む)にインタビューを行いました。人事担当者には企業における両立支援の取り組みや効果を聞き、女性従業員には実際にどのような制度を利用しているのか、また家庭での家事・育児分担などについても聞きました。インタビューした女性従業員数は正社員40名、非正社員9名です。
調査期間は平成17年8月〜平成18年3月

■主な両立支援の取り組みと実施企業数


主な両立支援の取り組みと実施企業数

■在仙企業の取り組み事例

育児休業
  • 正社員は子どもが3歳になる4月20日まで取得できる。
    非正社員は子どもが1歳に到達後の4月20日まで。
    (卸売・小売業/従業員数700人以上)
  • 期間は子どもが2歳になるまで。事情がある場合は、子どもが3歳になるまで延長できる。
    (サービス業/従業員30〜99人)
短時間勤務
  • 育児時間とは別に、1日1時間短縮勤務できる。
    育児時間の申請があれば、合計2時間短縮勤務できる。
    (運輸・通信業/従業員700人以上)
  • 5、6、7時間勤務での時間短縮を選べ、3時間まで短縮できる。
    (卸売・小売業/従業員700人以上)
  • 子どもが3歳になるまでは、5時間か6時間の勤務を選べる。
    3歳以上就学前までは実働7時間とできる。
    (サービス業/従業員30〜99人)
  • 通常勤務時間は9時〜18時だが、子どもが3歳になるまで、最大2時間の短縮が可能(10時〜17時)。
    慣行としては小学校入学前まで可能。本人の希望を聞いて対応している。
    (その他/従業員30人未満)
保育費用の補助・貸付
  • (社)全国ベビーシッター協会加盟のベビーシッター会社のサービスを利用した際に、育児支援割引が受けられる。小学校就学前の子どもが対象。
    (運輸・通信業/従業員700人以上)
  • 福利厚生の一環として、ベビーシッター代の補助を行っている。
    (卸売・小売業/従業員700人以上)
再雇用制度
  • 退職する際、復帰の希望をエントリーする。復帰は全国で可能。
    (卸売・小売業/従業員700人以上)
  • 退職しても、復帰しやすい環境がある。退職して正社員になったケースや、正社員で復帰し、その後パートになったケースもある。
    (卸売・小売業/従業員200〜399人)
  • 退職して、また正社員で復帰する人は多い。2、3度復帰している従業員もいる。
    (サービス業/従業員100〜299人)
その他
  • FF(ファミリー・フレンドリー)休暇があり、子どもの看護のほか、運動会やボランティアなどさまざまなことに利用できる。
    (運輸・通信業/従業員700人以上)
  • 市内3ヶ所に、提携している託児所があり、割引がある。
    (金融・保険業/従業員30〜99人)

調査結果は、エル・ソーラ仙台 図書資料ラウンジ、エルパーク仙台 市民活動スペースで閲覧できます。

【お問い合わせ】
(財)せんだい男女共同参画財団
総務企画課 TEL 022-212-1627





HOME