女性活動を応援 企業の未来プロジェクト
  • トップページ
  • プロジェクト概要
  • 仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム
  • スケジュール2017
  • 参加企業の募集
  • 参加企業の声

2016年度 参加企業の声

株式会社七十七銀行

阿久津 康子 氏 人事部ダイバーシティ推進室長

阿久津 康子 氏
人事部ダイバーシティ推進室長

地域価値の向上に全行員が全力で取り組む

 弊行では、かねてから女性の活躍推進を含むダイバーシティ推進を重要な経営施策の一つと位置づけて取り組んでいます。
 2016年6月には、3段階目の「えるぼし」認定を宮城県内の企業で初めて取得し、2016年10月には、役員・管理職による「イクボス宣言」を実施いたしました。
 さらに2017年1月には、女性に限定せず多様な意見を施策に反映させる観点から、様々な職位や年代で構成される「ダイバーシティ推進ワーキンググループ」を設置し、個々人の能力を最大限に発揮して活躍できる環境の実現に向けて取り組んでいます。
 また、午後7時以降の時間外勤務を原則禁止とする等の「働き方改革」にも積極的に取り組んでおり、営業店ごとの時間外勤務削減の達成率や好事例策などを「人事部ニュース」として発信し、行員への意識付けを行っています。
 その他、ダイバーシティの推進に向けて、多くの行員が自主参加する、様々な休日セミナーを開催しておりますが、女性行員と管理職が、キャリア開発およびマネジメント力強化についての講義をそれぞれ受講した後に、合同でグループディスカッションを行うセミナーが好評です。上司の考え、部下の考えを知ることで、コミュニケーションの活性化に繋がっています。
 今年は、ダイバーシティの推進に向けた取組みを全行的に広げていくため、イクボスや女性等の活躍推進について、宮城県内各地域の行員と「ダイバーシティ推進ワーキンググループ」のメンバーによる意見交換会を開催したいと考えています。
 当行では、本プログラムへの参加によってマネジメント力を鍛えた女性行員が管理職に就き、次々と現場で輝き始めています。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
Y.Yさん

<リーダーとしての「軸」>
「自分らしさ」と「他人らしさ」

<受講しての成果>
このプログラムで学んだことは、「強み」が人・組織の魅力を何倍にも高める可能性を秘めていることでした。私の持つ社交性や包含という強みを活用し、上司を巻き込みながら、部下の「強み」を見出し、愛情を持って育み、一人ひとりを唯一無二の存在と認め、自分と部下やチーム、そして当行の魅力を高めていく、そんなリーダーを目指していきます。

(取材日2017年3月16日)

 参加企業一覧へ戻る

2015年度 参加企業の声

株式会社七十七銀行

阿久津 康子 氏 人事部ダイバーシティ推進室長

阿久津 康子 氏
人事部ダイバーシティ推進室長

地域のお客様のニーズに全行員参加型で取り組む

 弊行では、行員一人ひとりが持っている能力を最大限に発揮できる組織風土を醸成すべく、女性活躍推進を中心とするダイバーシティ推進を重要な経営施策の一つと位置づけ、かねてから積極的に行ってきています。その一環として、2013年8月に「女性活躍推進ワーキンググループ」を設置し、現在はメンバーを入替のうえ女性行員11名が第3期の活動を行っています。
 キャリア開発については、女性自身や管理者の意識改革を目的としたセミナーを継続開催しています。メンバーからの「地域のお客様のニーズにきめ細かく対応しながら将来的に管理職を担っていくためには法人向け融資への職域拡大が一層必要」との意見を踏まえ、女性を対象とした法人融資に関する研修会も新たに開催し始めたところです。
 次に、仕事と家庭生活の両立支援策として、男性を含めたワークライフバランスの推進や生産性の向上に積極的に取り組んできております。原則午後8時以降の時間外勤務を禁止とし、朝型勤務を推奨するなど時間外勤務にかかる行動基準を全行員に徹底しているほか、男性の育児休業取得も促進しており取得率100%となっています。
 女性の意見も積極的に活用しており、2016年に更新された制服のデザインや女性向けローン商品の開発に繋がりました。今年度はメンバーが宮城県各地域に出向いて女性行員との意見交換を行う機会を設けるなど、徐々に組織活性化に向けて効果が現れ始めています。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
K.Sさん

<リーダーとしての「軸」>
輪・和・笑

<受講しての成果>
今回のプログラムに参加して、他業態の方々と接する中で、自らの強みや弱みを改めて認識する機会となりました。また、理想や目標を持つことの大切さ、リーダーに求められる役割や能力について学ぶことができました。今後は、組織の中でお互いの考え方の違いを認め合い、チームとしての調和を大事にしながら、周りの人たちをポジティブな気持ちにしていけるリーダーを目指していきたいと思います。

(取材日2016年5月13日)

 参加企業一覧へ戻る

問合せ

(公財)せんだい男女共同参画財団 エル・ソーラ仙台 管理事業課
TEL 022-268-8044 / E-mail sola29@sendai-l.jp

【主 催】仙台市・(公財)せんだい男女共同参画財団
【後 援】東北経済産業局 (一社)宮城県経営者協会 宮城県中小企業団体中央会
     仙台商工会議所 仙台経済同友会 (株)日本政策金融公庫仙台支店 (株)七十七銀行