女性活動を応援 企業の未来プロジェクト
  • トップページ
  • プロジェクト概要
  • 仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム
  • スケジュール2017
  • 参加企業の募集
  • 参加企業の声

2016年度 参加企業の声

株式会社 関・空間設計

石原 修治 氏 企画本部長

石原 修治 氏
企画本部長

多様な人間力を磨き“かけがえのない建築”を創り続ける

 一般に「働き方改革」が難しいと言われる建築業界ですが、社会全体の動向を当社の経営トップが意識していることに加えて、昨年管理職に登用された1期受講生と2期受講生が「残業を減らし健康的な労働環境を築けてこそ生産性が上がる」というメッセージを社員に送り、社風に良い影響が出ています。早速、全社員を対象としたワーク・ライフ・バランスを考える研修会を計画しています。制度整備を含めた女性の地位や女性ならではの能力を認められる組織づくりを、彼女たちが一緒に取り組んでくれることを望みます。
 また、創立20周年記念事業に全社員が一丸となった取り組みは、横の繋がりや上下の関係を深め、当社の総合力を強めました。その雰囲気のさらなる醸成を目指した実働部隊「チーム カイゼン(改善)」が毎週月曜日に「ランチを一緒に食べよう」と提案。社員同士が顔を突き合わせて食事を共にする時間は、言葉に出ない悩みなどをすくい上げることにも役立っています。
 これからの20年、「Spirit Of Place」に込められた思いに沿う仕事で地域に貢献できるよう、社員が生活者としての視点や仕事以外での多様な関わりを持ちながら人間力を高めることに期待します。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
N.Mさん

<リーダーとしての「軸」>
一体感

<受講しての成果>

組織が目指すビジョンに、メンバーが前向きに取り組めるよう、私の強みである「共感性」を生かし仲間の気持ちに寄り添います。時には本音をぶつけ合える関係構築のため、今後も仲間との「対話」を続けます。ここで得たネットワークを最大限に生かし私自身が常に新鮮な刺激を受けながら成長していきます。

(取材日2017年2月17日)

 参加企業一覧へ戻る

2015年度 参加企業の声

株式会社 関・空間設計

石原 修治 氏 企画本部長

石原 修治 氏
企画本部長

「Spirit Of Place」思想に立ち返り20年先を見据える

 近年、建築家を志す若者の減少が業界内で懸念されていますが、その一方で、大学の建築科などで学ぶ女性の割合や、建築の世界で活躍する女性設計者が増えている現状があり、女性の視点がますます重要になってきます。今年創立20周年を迎える当社では、これから先の20年を見据えて更にステップアップしていくためにも、女性設計者の積極的な起用や、組織の中で女性が活躍できる部分を見直す必要があると捉えています。特に、女性の視点と心配りで若手社員を指導できる女性管理職の育成も急がれます。昨年、全社で「チーム20」を結成して20周年記念行事の準備を進める中から、女性を含む各部門の課長や若手社員8名ほどで組織する「チーム改善」が発足。毎月2回程度、職場環境の改善点などを話し合い社内に反映しています。また、低入札や一定時期の業務集中による過勤数負担を業界全体で改めるなど、残業体質の改善も急務と考えています。
創立の精神「Spirit Of Place」を職場環境にも活かし、誰もが組織の要として輝ける職場づくりを目指します。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
M.Eさん

<リーダーとしての「軸」>
チームワーク

<受講しての成果>

トレーニングプログラムを受講して変化したこと、それはワークライフバランスの意識を持ったことです。今までは仕事かプライベートかどちらを犠牲にするかで悩んでいましたが、講師の方や受講されている皆さんの工夫や経験などを伺い、両方とも大事にしていいということを学びました。今後もメリハリをつけて仕事をし、ここで学んだことをアウトプットして会社全体に広めることで、女性だけでなく社員全員が元気に生き生きと働けるような環境を整えていきます。

(取材日2016年5月19日)

 参加企業一覧へ戻る

問合せ

(公財)せんだい男女共同参画財団 エル・ソーラ仙台 管理事業課
TEL 022-268-8044 / E-mail sola29@sendai-l.jp

【主 催】仙台市・(公財)せんだい男女共同参画財団
【後 援】東北経済産業局 (一社)宮城県経営者協会 宮城県中小企業団体中央会
     仙台商工会議所 仙台経済同友会 (株)日本政策金融公庫仙台支店 (株)七十七銀行