女性活動を応援 企業の未来プロジェクト
  • トップページ
  • プロジェクト概要
  • 仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム
  • スケジュール2017
  • 参加企業の募集
  • 参加企業の声

2016年度 参加企業の声

株式会社東日本放送

加藤 東興 氏 総務局長 兼 総務部長

加藤 東興 氏
総務局長 兼 総務部長

新生KHBに向けて、多様な人材とスキルを存分に活かす

 当社にとっては人材が全てと言っても過言ではありません。社員の採用と教育が最も重要であると捉えて、近年は採用活動に注力しています。社員教育システムの構築については、本プロジェクトを受講した社員から的確な提案があり、参加したメリットを感じています。また2年連続して受講生を送り出したので、社内への広がりを期待しているところです。さらに今期は、プロジェクトのコンテンツを活用して社内研修を実施し、社員の意識強化にもつながりました。
 当社は今年、2021年の社屋移転に向けて「新生KHB」としてキックオフをし、さまざまな動きを加速していきます。特に、部署や年齢、職位の枠を越えた多様な人員を構成して立ち上げる各種ワーキンググループには、必ず女性を含めます。男性には気付けない女性ならではの意見が重要であり、これらの場で受講者それぞれが身に付けたビジネススキルを存分に発揮してもらい、多彩な結実をもたらすことに期待が高まります。全社一丸となって取り組む社業はまさに好機到来であり、社内横断的なコミュニケーションによって意識や情報を共有できます。
社員一人ひとりがKHBブランドの立役者としての責任をもち、地域に貢献していきます。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
A.Hさん

<リーダーとしての「軸」>
よく話す:よく聞く=5:5(コミュニケーション)

<受講しての成果>

私のストレングスの一つに「脳みそが口についている」と言われるコミュニケーション能力があります。
ビジョンを持ち、それを語り、周囲と共有すること。このプログラムを通して、その大切さを改めて認識しました。ヨクミキキシテハナシ、ソシテワスレズ。そんなリーダーを目指します。

(取材日2017年2月23日)

 参加企業一覧へ戻る

2015年度 参加企業の声

株式会社東日本放送

加藤 東興 氏 総務局長 兼 総務部長

加藤 東興 氏
総務局長 兼 総務部長

女性の力を活かし地域メディアとしてさらなる発展をめざす

 当社では両立支援制度が整いつつあり、働き続ける女性社員が増えています。その力をさらに発揮してもらい、地域メディアとして視聴者の皆様の期待に応えることができるよう、企業としてできる限り環境改善に努めています。同プロジェクトへの参加もそのひとつです。初めての試みでしたが「社員を参加させて本当に良かった」というのが率直な感想です。修了式に臨んだ姿は堂々としていて目の輝きが増したように感じました。研修の成果を社内で発表してもらいましたし、職場では仕事ぶりの変化を直属の上司が評価し、周囲の仲間へも好影響を与えています。このような社員を毎年一人ずつでも増やしていければ、当社にとって大きな財産になりますので、今期も1名受講させることにしました。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
M.Sさん

<リーダーとしての「軸」>
「信」チームを信じ、自分自身を信じる

<受講しての成果>

入社8年目。子供も生まれ、どこか自分の中で安定志向になっていた部分がありました。そんな私の中の大きな変化は、「成し遂げることをやってみよう」という気持ちが膨らみ始めたことです。
自分の中に自然と出来てしまった壁を突破し、経験や専門性を磨き、自分のストレングスポイント「共感性・個別性・学習欲」を発揮してワークでもライフでも自分が自分らしく楽しんで歩んでいきます。

(取材日2016年5月12日)

 参加企業一覧へ戻る

問合せ

(公財)せんだい男女共同参画財団 エル・ソーラ仙台 管理事業課
TEL 022-268-8044 / E-mail sola29@sendai-l.jp

【主 催】仙台市・(公財)せんだい男女共同参画財団
【後 援】東北経済産業局 (一社)宮城県経営者協会 宮城県中小企業団体中央会
     仙台商工会議所 仙台経済同友会 (株)日本政策金融公庫仙台支店 (株)七十七銀行