女性活動を応援 企業の未来プロジェクト
  • トップページ
  • プロジェクト概要
  • 仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム
  • スケジュール2017
  • 参加企業の募集
  • 参加企業の声

2016年度 参加企業の声

株式会社山一地所

渡部 志朗 氏 代表取締役会長

渡部 志朗 氏
代表取締役会長

教育元年!人間力を高めて誰もが働き甲斐ある職場に

 創業42年を迎える当社では、現在約40名の女性が働いており、きめ細やかな応対が多様なお客様に安心感を与えています。このような女性の活躍を一層強くするため、女性新入社員の悩みや相談を先輩女性社員がフォローするエルダー制度などの新システムを導入し、女性たちのモチベーションがあがる職場の雰囲気をつくりだしています。
 6年ほど前から当社では、全社員の意見を集約して『夢を実現するための実践50ヶ条』を作成し、達成に努めています。2期生は、この実践項目に含まれる活動として、トレーニングで学んだ「多様なリーダー」の可視化を社内イベント時に実現させました。参加者を4~5人のグループに分ける際、あえて普段はリーダー役を担うことのない“女性、事務職、社歴が浅い社員”を指名し、誰もがリーダーとして活躍できることを証明しました。参加者は、「機会さえあればそれぞれが自分の持ち味を活かしてリーダーシップを発揮できる」ことを実感し、達成感を得たと語ります。
 当社は今年度を「教育元年」と定めて、改めて社員の人間力や人間性を高める教育に注力しています。独自の教育プログラムで年間スケジュールを組み、他社との差別化を図ります。社員が思いやり合うことで、働き甲斐のある職場となり、お客様への思いやりに繋げていきます。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
Y.Tさん

<リーダーとしての「軸」>
成果や感情を共有する

<受講しての成果>
私の特質として、「自我」があります。自我の特性としては、中途半端を好まず、仕事を人生そのものとし、他人から評価され続けたいという点が挙げられます。「私たち」で成し遂げた成果は、ひとりでの結果よりも何倍も価値があり、ダイナミックな感情が湧きあがるはずです。そのことをイメージして、メンバーとの成果や感情を共有すること、をリーダーとして大切にしていきます。

(取材日2017年2月27日)

 参加企業一覧へ戻る

2015年度 参加企業の声

株式会社山一地所

渡部 志朗 氏 代表取締役会長

渡部 志朗 氏
代表取締役会長

女性の力を着実に伸ばし地場不動産業No.1ブランドに

 当社は業種分けするとサービス業になります。やわらかい表現や応対が求められるため女性に適しており、社員の約半数が女性です。同業他社に比べて多岐にわたる業務を、男女が互いの持ち味を活かしてお客様から支持される仕事に努めています。
当社では、社員が自主的に参加する研修や資格取得のための費用を全額負担し、場合によっては自社研修室に講師を招くなどして、社員の向上心を積極的にサポートしています。女性も「宅地建物取引士」をはじめ、さまざまな資格取得に毎年チャレンジしています。管理職候補として今回のプログラムに参加した社員は、産休の度に資格を取得して復帰後の職場で活かすツワモノです。女性社員の中には、ライフステージの変化に伴い一旦は退職しても、やがて職場復帰を希望し当社に再就職するケースが多数あり、即戦力として能力を発揮しています。地場不動産業者としてNo.1ブランドになるためにも、同プログラムへ参加者を継続するなどして、女性の力を着実に伸ばしていきたいと思います。

 

仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム

<受講者>
Y.Kさん

<リーダーとしての「軸」>
確信と実践力

<受講しての成果>
私は、今回の研修に参加して【確信と・実践力】を身に着けることが出来ました。リーダーの形は一つではなく、自分の資質を生かした多様なリーダーでよいのだ!という確信。そして、頭では分かりつつ実践出来ていなかった“チームで力を合わせるということ”を、研修中に実行に移し、それについて周りの方のアイディアや気づきに助けてもらう経験を得ました。

(取材日2016年5月13日)

 参加企業一覧へ戻る

問合せ

(公財)せんだい男女共同参画財団 エル・ソーラ仙台 管理事業課
TEL 022-268-8044 / E-mail sola29@sendai-l.jp

【主 催】仙台市・(公財)せんだい男女共同参画財団
【後 援】東北経済産業局 (一社)宮城県経営者協会 宮城県中小企業団体中央会
     仙台商工会議所 仙台経済同友会 (株)日本政策金融公庫仙台支店 (株)七十七銀行