女性活動を応援 企業の未来プロジェクト

「仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム2018」スケジュール

2018年6月6日(水)

時間 プログラム 講師 (敬称略)
14:00―17:00 開講式
【特別講話】
企業の未来を担う女性リーダーへ

~仙台市トップリーダーからのメッセージ
郡和子
仙台市長
ガイダンス

6月20日(水)

時間 プログラム 講師 (敬称略)
13:00~18:05 【講義】
企業におけるダイバーシティの必要性と女性活躍の意義

管理職として働く女性の現状について把握し、これからの社会に必要とされる企業のあり方や新しい役割、ダイバーシティや女性活躍推進の意義を考えます。
岩渕千代子
(公財)せんだい男女共同参画財団 専務理事
【講義・実践】
自分の「強み」の活かし方

米国ギャラップ社が開発したツール、ストレングスファインダーを使って、自己の「強みの素」を見つけます。成果を上げ、部下やチームとより大きな目標を達成するために自分の「強み」の活かし方や育て方を習得します。
納庄守
板倉由美子
遠藤律

ギャラップ認定ストレングスコーチ
【事例紹介】
「えるぼし」取得の効果

女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定企業(3つ星)より、取得に至るまでと、取得後の企業メリットなどについて紹介します。
阿久津康子
(株)七十七銀行 人事部
ダイバーシティ推進室長
(企業の未来プロジェクト 
過去参加企業)

7月6日(金)[宿泊研修]

時間 プログラム 講師 (敬称略)
13:00~20:30 【講義】
女性の健康とキャリア

女性のライフステージの変化に伴う心身の変化や受ける影響は、男性に比べ複雑です。働く女性が自己の心身の健康保持のために知っておくべきこと、また、職場で働くさまざまな年代の女性たちのマネジメントに必要なことを学びます。
竹田理恵
仙台青葉学院短期大学 看護学科講師
【講義・トレーニング・ロールプレイ】
仕事力を上げるプレゼンス

同じことを伝えても、相手が動くときとそうでないときは何が違うのか?相手や聞き手を納得させる、自分らしい話し方や見せ方をトレーニングします。
猪俣恭子
(株)story I 代表
国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ
【交流会】
受講者の交流

7月7日(土)[宿泊研修]

時間 プログラム 講師 (敬称略)
9:00~15:25 【講義・グループディスカッション】
自ら考え行動する部下を育てる

管理職の多くが口にする言葉「自分で考えて行動する部下を育てたい」。
プレイングマネジャーを超えて、本来の役割に集中するためにも、部下育成は管理職が取り組むべき大切な仕事のひとつです。そのポイントを考えます。
木須八重子
国際コーチ連盟
アソシエイト認定コーチ
【講義・実践】
共感を生む論理的思考

相手の共感を得ながら、論理的思考に基づいて交渉を進め、win-winな関係を築くスキルを磨きます。
藤井辰紀
(株)日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究第一グループ
グループリーダー

8月1日(水)

時間 プログラム 講師 (敬称略)
13:00~17:15 【講義・実践】
働き方改革を進める

働き方改革はなぜ必要なのか、企業にとって、従業員にとってのメリットを明確にし、職場での具体的な取り組みに向けたアクションプランを描きます。
大野任美(ただよし)
(公財)21世紀職業財団 客員講師

9月5日(水)

時間 プログラム 講師 (敬称略)
13:00~17:45 【講義・グループディスカッション】
成果を生み出すチームビルディング

1+1=2以上の成果を生み出すチームはどうしたらできるのか?そのためにリーダーが身に付けておくべき能力や役割を学び、それぞれの現場に応用できるようにします。
木須八重子
国際コーチ連盟
アソシエイト認定コーチ
【講義・実践】
ネットワークを活かす

より高い目標を達成するために、お互いにサポートし合えるネットワークをどのように構築し、活用していけば良いか、そのヒントを学びます。
(公財)せんだい男女共同参画財団職員
18:30~20:30 オプション企画【交流会】
本プログラム修了者との交流を通し、さらに異業種ネットワークを広げます。
企画:「仙台女性リーダー・トレーニング・プログラム2017」修了者ネットワーク はちみつ∞の会

10月3日(水)

時間 プログラム 講師 (敬称略)
13:00~17:30 【講話・ディスカッション】
ロールモデルに学ぶ

地元企業で決定権を持つポジションで活躍中の方々を講師に迎え、体験談やアドバイスを通して、管理職として働く意義や魅力について考え、自己のリーダーシップのあり方をイメージします。
猪又明美
東洋ワーク(株) 代表取締役副社長
長谷部牧
KHB東日本放送 執行役員
山田好恵
(株)一ノ蔵 マーケティング室
室長

11月7日(水)

時間 プログラム 講師 (敬称略)
13:00~18:00 【ワークショップ・グループディスカッション】
キャリア構築

リーダーとしての軸を見出し、受講後のキャリアビジョンを描いて、プログラムの成果をまとめます。
長谷部牧
KHB東日本放送 執行役員

12月5日(水)

時間 プログラム
13:00~17:00 【報告会・修了式】
研修成果報告
【交歓会】

多様な講師陣(敬称略)

木須八重子

(公財)せんだい男女共同参画財団 理事長
国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ

1978年 仙台市役所入庁。生涯学習、男女共同参画、総合計画、市民協働、環境などを担当。2010年4月から2012年3月まで仙台市宮城野区長を務め、2013年3月仙台市役所退職後、同年4月より現職。生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ、(株)コーチ・エィ CTP(コーチトレーニングプログラム)クラスコーチとして、働く女性の支援も行っている。

納庄守

ギャラップ認定ストレングスコーチ

エンジニアとしてITシステム開発に15年以上携わる中で次第に人のパフォーマンスに関する興味が高まり、2009年よりコーチングを開始、同時期にストレングスファインダーに出会う。以降、プロジェクトマネジャーとして日々の業務に関わりつつコーチとしての活動を継続。
2014年よりストレングス・ラボの運営に参画、主にコラボレーション企画担当として活動中。米国Gallup社認定ストレングスコーチ、PMI認定 Project Management Professional。

板倉由美子

ギャラップ認定ストレングスコーチ

1978年12月日本航空株式会社(JAL)に入社。客室乗務員として国際国内フライトの責任者・新入社員教育・英語指導インストラクター等を経て、管理職マネジャーに。CS担当となり部内のCS活動推進を担う。また組織マネジャーとして毎年70名もの直属部下の指導育成に専念する。
2010年9月末JAL退職。2012年コーチとして独立し対人支援の仕事を開始。
米国Gallup社認定ストレングスコーチ、国際コーチ連盟認定アソシエイトコーチ。

遠藤律

ギャラップ認定ストレングスコーチ

地方銀行や製造業で、トータル29年にわたり心身のケア、職場の安全衛生、キャリア支援、休職者の復職支援等社員の健康づくりや快適な職場環境づくりに邁進。
保健指導やカウンセリング実績は8,000件ほどに及ぶ。
2007年より本格的にコーチングを学び、2013年に会社員生活にピリオドを打って起業。2014年には、米国Gallup社でストレングスを学ぶ。
現在は1on1のコーチングや研修講師を通じて、よりその人らしく、ありたい姿を実現するサポートをしている。
米国Gallup社認定ストレングスコーチ、国際コーチ連盟認定アソシエイトコーチ。

阿久津康子

株式会社七十七銀行 人事部 ダイバーシティ推進室長

仙台市出身。1987年七十七銀行に入行。仙台市内営業店にて預金・融資業務、資産運用相談業務に従事。2009年新伝馬町支店副長、2012年住宅融資部杜せきのしたローンセンター、2016年人事部研修課を経て、2016年6月人事部内にダイバーシティ推進室新設とともに現職に至る。現在は、行員の声を幅広く収集しながら、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた、働き方改革等に関する施策の企画業務を行っている。

竹田理恵

仙台青葉学院短期大学 看護学科 講師

仙台市出身。看護師。国家公務員共済組合東北公済病院に勤務。その後出産を機に、村口きよ女性クリニックに約10年勤務し、女性の性に関わる診療補助や相談業務を担当。その間、子ども・女性支援に関するボランティア活動を実施。2012年より仙台青葉学院短期大学看護学科に勤務する傍ら、社会活動として宮城県のピアカウンセリング活動に携わり思春期の若者に向けた教育活動をおこなっている。

猪俣恭子

株式会社story I 代表 国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ

1988年株式会社足利銀行入行。営業店で融資・預金の窓口業務を担当後、人事部で行内研修の企画運営や講師として人材育成に携わる。退職したのちは、印刷会社に後継者として従事。管理職として現場に立ち、社員の育成に務めた。2006年に株式会社story Iを設立。管理職、リーダー、経営者へのリーダーシップトレーニングを得意とし、「人が育つ組織づくり」を研修やコーチングでサポートする。

藤井辰紀

(株)日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究第一グループ 
グループリーダー

1998年4月 国民金融公庫(現・日本政策金融公庫)入庫。支店での融資担当などを経て、2006年6月から2014年3月まで日本政策金融公庫総合研究所で創業や中小企業経営などの調査研究に携わる。主な著書に『女性が輝く小企業』(共著、日本政策金融公庫総合研究所編、同友館)がある。2014年4月 東北ビジネスサポートプラザ所長に就任し、創業やベンチャー企業支援に従事。2016年4月から現職。

大野任美(ただよし)

(公財)21世紀職業財団 客員講師

精密機器メーカーにて開発エンジニア、経営企画等に従事。コンサルティング会社にて経営や人材育成コンサルティング等を担当した後、独立。現在(公財)21世紀職業財団客員講師として活躍中。企業でのマネジメントシステム構築、生産性向上の指導や人材育成及び階層別研修など、幅広い分野でのコンサルティングと研修講師の経験を有す。中小企業診断士、(公財)21世紀職業財団認定ハラスメント防止コンサルタント他。

猪又明美

東洋ワーク株式会社 代表取締役副社長

青森県出身。1983年4月東洋ワーク株式会社入社。2009年より専務取締役に就任し、事業本部 新規業態事業推進室担当として、多様な働き方の支援をテーマにした教育事業の実施や、震災復興支援事業などに携わり、2015年より現職。また、2012年11月より東洋ワークグループ特例子会社 クリーン&クリーンの代表取締役に就任。大学時代に培った専門知識等も活かし、障がい者雇用推進の他、法務省再就職支援、高齢者雇用、一人親就労支援等を展開している。

長谷部牧

KHB東日本放送 執行役員

1980年(株)東日本放送(KHB)に入社。東京支社勤務を経て1989年本社転勤。その後、制作部で「OL百物語」ディレクター、「TVイーハトーブ」「うじきつよしのワンダーポケット」等のプロデューサーとして番組制作に携わる。2004年編成企画部長、2008年広報室長、2013年CSR広報部長、2016年4月に役員待遇、2016年9月から現職。近年、「ビジネスシーンで女性が自分らしく力を発揮するためのサポート」を自身のライフワークのテーマとし、キャリアコンサルタント、ビジネスコーチングの研鑽を積んでいる。

山田好恵

株式会社一ノ蔵 マーケティング室 室長

石巻市出身。1987年入社。以来、新商品開発、営業企画、広報、イベント企画等にあたる。女性向け商品「ひめぜん」「すず音」などの開発や、伝統清酒のプロデュースを担当。男女雇用機会均等法制定後の新卒1期生として勤続30年を迎えた。東日本大震災後は社会との関わりを一層深めるため、一般社団法人わくわくのびのびえこども塾の理事として福島の子ども達に関わる活動を行っている。

問合せ

(公財)せんだい男女共同参画財団 エル・ソーラ仙台 管理事業課
TEL 022-268-8044 / E-mail sola29@sendai-l.jp

【主 催】仙台市・(公財)せんだい男女共同参画財団
【後 援】(一社)宮城県経営者協会 (株)七十七銀行 (株)日本政策金融公庫仙台支店
     仙台経済同友会 仙台商工会議所 東北経済産業局 宮城県中小企業団体中央会
     (仙台市働く女性の活躍推進協議会 構成団体 / 五十音順)